トータルヘルスプログラム
  • ご挨拶
  • ニュースリリース
  • T.H.P トータルヘルスプログラム
  • 医院紹介
  • お問い合わせ

T.H.P トータルヘルスプログラムのご案内

歯の病気は人からうつる細菌感染症です。

皆様はなぜ、むし歯になったり、歯ぐきから血がでたり、また歯がグラグラになったり、抜けるような状態になるのでしょうか?お口の中、歯の表面に、左の図のような歯の汚れのようなものが付着していることを多くの方がご存じかと思います。一般的に「歯垢(プラーク)」と呼ばれるものですが、実はこれは単なる食べかすなどの塊ではありません。この歯垢を高精度の顕微鏡で拡大して観察すると、この歯垢は実は、「細菌の巣」であることが見て取れます。むし歯、歯周病という代表的な歯の病気は、実はこのプラークに潜む細菌によって引き起こされているものです。細菌が存在しない状態では、むし歯や歯周病は発生しないのです。

では、これらの細菌が生まれた時からお口の中にいるのか、というと実はそうではありません。生まれたばかりの赤ちゃんにはこれらの細菌はいないのです。実は、これらの細菌は、お箸の使い回し、ハブラシの接触、キスなどの性交渉などを通じて、他者から感染させられたものなのです。共に生活する人が歯周病などに感染している場合、その他の健康な家族や友人にもリスクが生じてしまうのです。

  • 歯垢(プラーク)
    歯垢(プラーク)

  • 歯周病菌 スピロヘータ
    歯周病菌 スピロヘータ

  • 拡大画像
    拡大画像

歯周病とは

日本人の中高年の約8割以上が罹患しているという歯周病はかつて「歯槽膿漏」と呼ばれていたように歯ぐきから膿が出て、最後には歯を失ってしまう病気として、つまりお口の中に限られた病気として扱われてきました。しかし1980年代に入って、歯周病の直接の原因は口の中の歯周病菌であるが、それに全身的疾患や環境因子(喫煙・不規則な食生活・過度のストレス・偏った食生活・歯磨きを怠ること・歯ぎしりのクセなど)が大きく関与している事が解明されました。

歯垢や歯石がたくさんついている。口の中がネバネバする。口臭がある。歯と歯の間に物が挟まる。歯ぐきが赤く腫れている。歯がグラグラする。歯を磨いたら血が出る。歯がしみる。かたいものが噛めない。こんな症状があったら歯周病のサインです。

歯周病菌が引き起こす2つの大きなリスク

  1. 1.歯を支える土台となる歯茎の骨を溶かし、結果的に歯が抜ける
  2. 2.心臓病、糖尿病、誤嚥性肺炎、血管障害、早産など、死に直結するような全身 疾患を引き起こす

歯周病は、「食べる」という人間の生命に関わる活動を困難にし、且つ、死に直結する病気を引き起こす、まさに「死の病」と言われている恐ろしい病気なのです。

  • 歯茎が引き締まった健康な歯周組織
    歯茎が引き締まった健康な歯周組織
  • 歯茎が腫れる
    歯茎が腫れる
  • 歯周ポケットが深くなり歯茎の下にも歯石がつく
    歯周ポケットが深くなり歯茎の下にも歯石がつく
  • 歯茎の腫れが進み、骨もやせ始める
    歯茎の腫れが進み、骨もやせ始める
  • 歯茎も骨も痩せ、歯を支える力がなくなってくる
    歯茎も骨も痩せ、歯を支える力がなくなってくる

歯周病と全身疾患について

さらに最近の研究ではその歯周病菌の標的は歯の周りの組織だけでなく、心臓病や動脈硬化、肺炎などの全身疾患の発症や低体重児出産の原因となったり、糖尿病を悪化させたりすることが明らかになってきました。

例えば歯周病があると歯ぐきの中に歯周病菌が侵入する。そして歯周病菌が血管の中に入りこみ、心臓の周りにある血管の壁にとりついて動脈が硬くなったり、狭くなったりして「動脈硬化」の症状が生じる。血液の流れが少なくなり、最悪の場合、血管が詰まり、破裂する狭心症や心筋梗塞などを引き起こすことが分かっています。「糖尿病」と歯周病菌の関係は互いに病気を悪化させる要因になっていることが分かってきました。歯周病治療を行うと血糖値が改善したり血糖値が上がると歯周病が悪化するという相関関係にあるのです。歯ぐきの炎症で生じるサイトカインという物質が関与していると考えられています。妊産婦ではこのサイトカインが子宮収縮を促し「早産」「胎児の成長不足」を招き、「低体重出産」の原因となったりする可能性があるといわれています。

日本人の死因の第4位の「肺炎」は現在も多くの高齢者の命を奪っています。この重篤な肺炎の原因は誤嚥(誤って飲み込む)で歯周病菌を気管に吸いこむ事で、発症するケースがほとんどであることが分かっています。口腔ケアや歯周病の治療をすると「誤嚥性肺炎」が明らかに減じることは容易に理解できるでしょう。これらの例にあげたように歯周病菌は全身をむしばむ怖い病気の原因菌でもあるのです。

トータルヘルスプログラムとは

今までの歯周病の治療は歯の表面から歯石を取り除いたり、歯根の表面の清掃、さらに歯周病が進行すると歯肉を切開して、歯根を露出させ、手術により徹底的な細菌と汚染物質の除去を行ってきました。歯周病は進行を遅らせることはできても、進行は止められないと考えられていました。これら従来型の歯周病治療の根底をくつがえす「トータルヘルスプログラム(根本的歯周病治療)」オーダーメイド医療がつじむら歯科医院で2007年4月からスタートしました。これまで行われていた外科的治療と比較した最大のメリットはほとんど痛みを伴わず、精神的肉体的な負担が少なく患者様に優しい治療であるという事が1つと、次に治療に有する期間と来院回数の大幅な縮小(従来週一回の来院で6か月間かかっていた治療がそれ以上の効果を獲得しながら平均6~8回の来院で終了します)つまり、肉体的、時間的、精神的に余裕がなくてもほとんどの患者様が理想の健全な細菌叢にたった8回ほどの来院で到達出来てしまうのです。さらに歯周病は生活習慣病のひとつですので、日常の生活の習慣の改善がとても大切です。例えば、「禁煙」ニコチンは歯肉の血管を収縮させ炎症を進行させたり炎症の回復を妨げたりします。喫煙は歯周病の最大のマイナス要因です。「良く噛んで食べること」も重要で、唾液には抗菌物質が多く含まれています(抗酸化作用もあります)「適度な運動と充分な睡眠」をとってストレスをためない事などは体の抵抗力を高めてくれます。

このような健康に悪い習慣の改善なくしては、現在においても歯周病の治療効果は期待できません。そして自己管理と予防を越える治療法も決してないのです。

一度リスクの低減されたお口の中は、しっかりとメンテナンスを継続してお受け頂く事で、非常に特殊なケースを除いて、むし歯の再発や歯周病の再発の不安や恐怖を抱えることがなくなります。これは一生涯、自分自身の歯で生き続ける生活を維持し続けることができるということを意味します。

実際にこのつじむら歯科医院オリジナルの『トータルヘルスプログラム』を受けられた患者様の特に感じる効果についてのアンケート結果ですが、
・膿が出なくなった81.2%・唾液のねばつきが無くなった74.9%・血が出なくなった100%
・口臭が減った81.2%・唾液がサラサラになった75%・冷水痛の軽減81.2%・動揺の軽減87.5%
という結果と共に多くの喜びの声をいただいいています。

歯周病リスクを極限まで低減し、管理することで、全身の健康を守る先進歯科医療システム『トータルヘルスプログラム』では高精度の位相差顕微鏡にて歯周病の原因菌を確認します。歯周内科的アプローチによりジスロマックを用いた治療を症状に応じて行います。血中に入り込んだ歯周病菌は全身疾患の根本的な原因になる危険があると言われており、体内に潜む歯周病菌を抗生剤により対処し、術後の感染予防を行った後、集中的に歯科衛生士が『高純度HCLO口腔機能水 パーフェクトぺリオ』を使用し、歯周病菌や汚染物質で除去してしまうという世界でも類を見ない治療法です。

位相差顕微鏡画像 トータルヘルスプログラム前
位相差顕微鏡画像 トータルヘルスプログラム後

そして、一生涯、自分の歯を保ち続けるために、口腔内の状態を精密な検査データとして記録し、保管。また全身リスクについても状況に応じて管理し継続して健康を維持管理していきます。間違いなく、『根本的歯周病治療:トータルヘルスプログラム』がこれから21世紀の歯周病治療の第一次選択となることは確実だと思われます。この根本的歯周病治療は残念ながら保険診療の適用外となりますが、従来の歯周病治療を年に2回生涯にわたり繰り返し、結果として28本の歯のうち22本が抜歯に至り80歳で6本となってしまうという残念な日本の歯科医療の現状を継続するよりも、生涯に1度この結果のすばらしい根本的歯周病治療:トータルヘルスプログラムを受けQOL:生活の質の維持・向上の選択をされた方が良いとは思われませんか?失われる1本の歯の価値は現在欠損部に最も利用されるインプラント治療を考えても50万円はあるといえます。これに対し根本的歯周病治療:トータルヘルスプログラムにかかる医療費は1本の歯の価値のたった平均5分の1程です(歯周病の程度により異なります。)おそらくこの最新の治療法を選択された患者様の生涯残存歯数は確実に20本を超えてくると考えております。

この将来の結果を考察すると、利益率の非常に高い自己投資であることがお分かりいただけることと思います。(たった1本の歯が治療効果として残るだけで5倍の利益が享受されます。さらに生涯14本日本の平均よりも余計に歯を残す事ができれば90倍+無駄にする来院回数の効果があります。)もちろん治療終了時の再評価にて術前に想定していた治療結果が得られない場合は再治療を無料にて実施させて頂いておりますのでご安心ください。

「もうこの状態では手遅れです」と歯科医師に宣告される前に、あるいは歯周病が気になられる方、家族から「口が臭い」と言われた経験がある方、朝起きるとお口の中がネバネバする様な方、リンゴをかじると出血する方、仕事が忙しかったり体調がすぐれない時に歯が浮く様な感じがする方、他医院にて歯周病治療を繰り返しても症状が改善されない方、などの経験がある方は一度お近くの医院にて、ご自身のお口の中に歯周病の原因菌がいるかどうか、顕微鏡検査から受けられて見てはいかがでしょうか?

最後に…歯周病は感染症なのです!

最新の技術をもって感染してしまった菌を確実に減少さらには除去できれば、歯周病は治ります!生涯ご自身の健康な歯で生活するためには、徹底した治療とメンテナンスが不可欠です。

是非ご自身の健康はご自身で守りましょう!

THP~トータルヘルスプログラムを受診するまでの流れ~

  • 全国からお住まいの地域のボタンをクリック
  • 地域の一覧からお近くの医院のホームページ、またはお電話にてお問い合わせ
  • お問い合わせ窓口にて「トータルヘルスプログラム」の旨をお伝え下さい

下のリンクボタンより、トータルヘルスプログラムを受けられる全国の医院一覧をご紹介しております。

医院紹介

T.H.P~トータルヘルスプログラム~に関してのお問い合わせ

下記のボタンからのお問い合わせページにて承っております。また、よくある質問としてQ&Aをご用意しておりますので、是非、ご活用下さい。

お問い合わせ